女流作家も紫を好む|紫根エキス配合化粧品の販売・通販のパナビア

古典を辿れば、さらに「紫」に関する記述は見つかります。

「枕草子」の中で清少納言は、
『すべて紫なるは、なにもなにもめでたくこそあれ、花も、糸も、紙も。
 紫の花の中には杜若ぞ少しにくき。色はめでたし。
  位の宿直すがたのをかしきにも、紫のゆゑなめり。』

と、紫色に対する愛着を述べています。

さらに「源氏物語」で有名な紫式部も、
その名前に「紫」を冠しているのは、巻のひとつ「若紫」からだと言われています。

インデックス ボーダー エピソード