気になるくすみ、ごわつき、お肌の“糖化”かも?

肌トラブル

近頃よく聞く、肌の「糖化」。老化の原因ともいわれ、気にしている人も多いようです。
“肌の焦げ”にたとえられる糖化-なんだかおそろしいですが、そのメカニズムと対策をご紹介します。

糖化とは?

最近お肌のこんな状態に心あたりはありませんか?

・透明感がなくなった
・くすみが気になる
・弾力、ハリがなくなった
・ごわつく感じがある
・シミが増えた気がする
・目じりにシワが気になる
・たるみ、毛穴が気になる

それは糖化が原因かもしれません。

「糖化」とは、コラーゲンやエラスチンなどの「たんぱく質」と体内の「糖」が結びつき、糖化タンパク質として体内に蓄積してしまうこと。肌だけでなく、体全体もこの糖化によって老化が進んでしまうことがわかっています。

コラーゲンやエラスチンが体内の余分な糖分と結びついてできる物質は「AGEs(エージーイーエス)」と呼ばれ、このAGEsが老化促進物質なのです。コラーゲンやエラスチンはもともと透明なものなのに、糖化すると黄色や茶褐色に変化します。この変化が肌のくすみにつながることがわかっています。

でも糖は人間が生きていくために必要なエネルギーを作りだす大切な物質。全く摂らないというわけにはいきませんよね。老化につながるAGEsを過剰に生成させないようにする方法は意外なことに日々の生活習慣にありました。

食べ方

肌の糖化を防ぐには「血糖値の急激な上昇を抑える」ことが大切です。血液中のブドウ糖が急に増えると”余分な糖分”としてタンパク質と結合し、AGEsを作りだしてしまいます。
食べ方の工夫としては、まず野菜を先に食べるということ。食物繊維を多く含む野菜や海藻を先に食べ、糖質の吸収をゆるやかにします。そのあとご飯など炭水化物を食べるようにすると血糖値の急激な上昇を防ぐことができます。

調理方法

揚げ物、オーブン料理、炒めものなど高温での調理で100℃以上になるとAGEsが生成されます。かといってこれらの調理法を全くしないわけにはいきません。
揚げ物、高温でのオーブン料理が続いたなと思ったら、3回に1回ぐらいを「蒸し料理」に代えてみてはいかがでしょうか。

飲み物

ジュースや炭酸の甘い飲み物をついつい口にしていませんか?その飲み物を「お茶」に代えるだけで肌の糖化をかなり防ぐことができます。
手軽に飲めるお茶として、抗糖化作用のあるものはなんといっても「緑茶」。
・食事といっしょに飲む
・こまめに飲む
・色が代わるまえに飲む
がポイントです。

カフェインの苦手な方でもご安心ください。カフェインレスの健康茶にも抗糖化のはたらきのあるお茶があります。
・甜茶
・どくだみ茶
・ルイボスティー
・柿の葉茶
・シソ茶
・グアバ茶
緑茶同様、1日のなかで少量ずつこまめに飲むことがポイントです。

スキンケア

「抗酸化」をうたった化粧品も出てきていますね。ビタミンAやビタミンE、ヒアルロン酸などAGEsをできにくくする植物由来の成分を配合していることが多いようです。
スキンケアで注意することは紫外線。これからの季節、AGEsを生成しやすくする紫外線をしっかりカットする日焼け止めクリームは必須です。

いかがでしたか?
大切なエネルギー源である糖質がなければ私たちの頭や身体は動くことができません。
忘れてならないのは、「糖質は絶対カット」ということではなく、摂り過ぎてしますことが糖化につながるということです。
日々の生活習慣を少し見直すことで、お肌の糖化を防いでいきましょう。

今月のおすすめ

フェイスソープ 紫Ⅱフェイスソープ 紫Ⅱ
100g/¥2,800(税込価格:¥3,024)

リニューアルしてさらに紫根のチカラアップ。花粉やほこりで汚れがちなお肌を優しく洗い上げます。

今月の紫

4月の誕生石はダイヤモンド。ダイヤモンドといえば無色透明が一般的ですが、紫のダイヤモンドもあります。ひとくちに紫といっても“バイオレットダイヤ”と呼ばれるものは「青紫色」、“パープルダイヤ”と呼ばれるものは「赤紫色」をしています。どちらにしても大変希少価値のある色。宝石言葉は「妖艶、神秘的、才気」だそうです。

パナビア通信