足を鍛えて扁平足にサヨナラ。つま先立ちがアンチエイジングにも!?

ボディケア

ヒールのある靴を履く女性特有の悩みといってもいい「外反母趾」。痛いですよね。
最近ではパンプスを履く習慣がない女性にも症状の出る方が増えているそうです。ひどくなると変形が進み、手術が必要になる場合も。女性ならいつまでもパンプスを履いて颯爽と歩きたいですよね。今回は足の健康と美容の関係についてもご紹介します。

外反母趾の原因

外反母趾の原因にはいくつかあります。

・靴
一番の原因は靴です。パンプスなどつま先が細い靴を履くことで、足の親指が小指のほうへ圧迫され変形します。ヒールの高い靴になると指のつけ根に負担がかかり、さらに親指が変形してしまいます。

・生まれつきのもの
生まれつき足の親指が人差し指より長い人は外反母趾になりやすいといわれています。

・肥満
中年太りなど肥満による筋力低下が原因になる場合もあります。

・扁平足
足を支えている縦のアーチと横のアーチが崩れて落ち、扁平足になることで親指の骨が打ち側に開くことで外反母趾に。

ここでは扁平足が原因となる外反母趾をもう少し詳しく見てみましょう。

扁平足から外反母趾に

「扁平足」(へんぺいそく)—足の裏の土踏まずがつぶれてしまい、低くなった足のことです。扁平足の人の土踏まずは、あるべき窪みがなくぺたんこです。まだ足裏の筋肉が発達していない子供に多く見られますが、大人になってからの扁平足は足裏の筋肉の「衰え」が主な原因です。
足には縦と横、2つの大事なアーチがあり、そのうち横に渡るアーチは「舟状骨」(しゅうじょうこつ)という土踏まずの真上にある骨が担っています。

「舟状骨」を支えている筋肉はおもに
・長拇趾屈筋(ちょうぼしくっきん)
・長趾屈筋(ちょうしくっきん)
・後脛骨筋(こうけいこっきん)
・前脛骨筋(ぜんけいこっきん)
の4つです。これらの筋肉が支える力を持たなくなると、舟状骨のアーチが落ちてしまい、扁平足になります。

扁平足対策のストレッチと体操

扁平足→外反母趾の改善のために足裏を鍛えましょう。アーチを支える筋肉を鍛えることが改善につながります。まずはストレッチで足をほぐすことから始めます。

●足指ほぐし
脚を前に出して床にペタンと座ります。足指の間にすき間がありますか?足指がぴたっとついているようなら指全体が硬くなっています。まずほぐしてあげましょう。
右足を左脚にのせ手安定させ、左手の指と右足の指で握手。左手の指を右足の指の間に入れたまま足首をぐるぐる回します。左足も同様に。足指と足首がほぐれます。

●足裏ほぐし
足裏をストレッチします。「足指ほぐし」と同じように床に座り、右足の裏を左手でほぐします。
・グーに握った左手で右足指のつけ根を親指から小指に向かって縦にグリグリとマッサージ。
・グーに握った左手で右足の指からかかとに向かって横にマッサージ。

●足を鍛える
・足指ジャンケン
足ほぐしの姿勢で座り、足の指で「グー」「チョキ」「パー」を作ってみます。「グー」は思いきりギュッと指を縮め、「パー」は思いきり開きます。

・足指タオルつかみ
「タオルギャザー」「タオル寄せ」などとも呼ばれる運動です。
①イスに座った足の下にタオルを敷きます。
②左右どちらかの足の指と足裏を使って、タオルをたぐり寄せます。
③左右の足を変えて同様にたぐり寄せをします。
2~3セット繰り返します。慣れてきたらタオルの上に水の入ったペットボトルを置いてたぐり寄せると負荷になってさらに鍛えられます。

・つまさき立ち
足の筋肉を鍛えるだけでなく、固まった筋肉のストレッチにもなります。
階段を登る時につま先で上るようにするだけでも効果的です。

足をほぐすと美肌にも効果が…?

足と肌には一見関係がないように見えますが、実は足の健康が肌にもたらす影響は少なからずあるのです。
まず足指をほぐすことで足先から全身に血液が循環し、冷え性の改善やむくみの解消が期待できます。また足指をほぐすと、意外なほど「リラックス感」を実感できます。
さらにつま先立ち運動によって、足や足首、ふくらはぎの筋肉が鍛えられてくると新しく筋肉を作ろうとして「成長ホルモン」が分泌されます。この成長ホルモンが肌のターンオーバーを促し、いきいきとした肌をよみがえらせてくれるかも…。
少しずつでも続けることが大切です。

足のトラブルは、現代人特有の「運動不足」による「足の筋肉の衰え」が原因になっていることが多いようです。
毎日続けられるストレッチやつま先立ち運動などで筋肉を鍛え直し、健康な足のアーチを取り戻せばヒールの靴も心おきなく履けるようになりますね。ぜひおためしください。

今月のおすすめ

ホワイトパックホワイトパック
110g/¥5,050(税込価格:¥5,454)

寒さと乾燥で気になる肌のゴワつき。
洗い流しパックでくすみのないやわらか肌に仕上げましょう

今月の紫

2月~3月に花を咲かせるクロッカス。黄色や白の花をつける品種もありますがアヤメ科の花らしく、紫色の花がひときわ美しく見えます。ヨーロッパでは古くから春の訪れを告げる花とされていて、花言葉は「青春の喜び」。
まだまだ寒いこの季節。春の訪れが待ち遠しく感じられますね。

パナビア通信