梅干しの健康&美容効果に注目! 効果的な食べ方とは?

ボディケア

梅干しの健康&美容効果に注目! 効果的な食べ方とは?

おにぎりやお茶漬けなど、日本人の食事には欠かせない「梅干し」。
昔からたくさんの人に愛されてきた梅干しですが、実は日本のスーパーフードといわれているほど健康や美容に良い食べ物なのだとか。
日頃から口にすることも多い梅干しだけに、一体どんな嬉しい効果があるのか気になりますよね。そこで今回は、これを見たら必ず食べたくなる梅干しの健康&美容効果や、より効果を発揮させるためのおすすめの食べ方などをご紹介いたします。

梅干しに含まれる「クエン酸」がすごかった!?

梅干しの最大の特徴といえば、やはり酸っぱさですよね。
たった1粒口に入れるだけで、口いっぱいに酸っぱさが広がる梅干しですが、この酸っぱさこそが健康&美容に嬉しい効果をもたらしています。
梅干しの酸っぱさの正体は「クエン酸」という成分で、これに数々の健康&美容効果があるのです。酸っぱい食べ物の代表ともいえるレモンにもクエン酸は含まれていますが、梅干しにはレモンの約5~6倍ものクエン酸が含まれているといわれています。

梅干しを食べると得られる健康&美容効果とは?

食欲増進や二日酔い対策、腐敗防止など、梅干しが持つ効果で昔から有名なものはいくつかありますが、最近ではこれらに加えてさらにたくさんの効果があるといわれています。
中でも女性に嬉しい健康&美容効果をご紹介します。

・血行促進効果
血行不良は、健康や美容の大きな妨げとなるもの。肌荒れやくすみなどの肌トラブルはもちろん、むくみなどの原因にもなります。そんな女性の大敵ともいえる血行不良ですが、梅干しに含まれるクエン酸には、血液の流れを促すという効果があります。
梅干しパワーを借りることで、血行不良の改善を望むことができるのです。

・疲労回復効果
仕事やプライベートに忙しく動き回っていると、体がヘトヘトになって疲れが溜まってしまうこともあるでしょう。そんな体の疲れの原因ともいえるのが、乳酸という疲労物質ですが、クエン酸には蓄積した乳酸を分解するという働きもあります。肩こりや体がだるいといった疲労を解消するためにも、クエン酸が一役買ってくれるのです。

・代謝アップ効果
とくに女性に嬉しい効果ともいえるのが、クエン酸の代謝アップ効果です。気にする女性も多いダイエットを成功させるためには、代謝アップが欠かせません。
代謝を上げると脂肪を燃やしやすくすることができるので、痩せやすく太りにくい体を目指すことができます。

・エイジングケア
肉や乳製品などの日頃の食事は、体を酸性化させる原因だといわれています。体の酸性化は老化の大きな原因。梅干しには酸性の体をアルカリ性にする作用があります。さまざまな体の器官の働きに作用して肌をすこやかに保つことはもちろん、ヘアケアにも嬉しい効果をもたらしてくれます。

梅干しのおすすめの食べ方とは?

・血液サラサラ効果アップ!「焼き梅干し」
梅干しはそのままの状態で食べることが多い食品ですが、フライパンで焼いて食べるという方法もおすすめです。梅干しを焼くことで、クエン酸と糖からムメフラールという成分が生成されます。このムメフラールには血栓を予防し、血液をサラサラにする作用があるため、さらなる血行促進効果を期待することができます。

・梅干しをマイルドに味わえる「梅湯」
酸っぱい梅干しをそのまま食べるのに抵抗があるという方には、梅湯がぴったり。マグカップに梅干しを1粒入れ、そこにお湯を注ぐだけでできるので手軽に作れるのが嬉しいポイントです。梅湯を作ることで梅干しの酸っぱさが緩和され、塩分も薄めることができます。

 

梅干しの健康&美容効果に注目! 効果的な食べ方とは?

梅干しの健康&美容効果を得るためには、1日に1~2個を目安に食べるのがいいといわれています。毎日の食事時やおやつなどで取り入れて、おいしく健康&美容キープしていきましょう。

今月のおすすめ

フェイスソープEX フェイスソープEX
110g/¥4,290(税込価格:¥4,633)

きめ細かな泡が毛穴の奥の汚れも落とす洗顔フォーム。
夏のベタつきがちなお肌をすっきり整えます。

今月の紫-むらさき−

ある年代以上の女性なら知らない人はいない少女マンガ『ガラスの仮面』。
主人公の北島マヤを陰ながら支え続ける“紫のバラの人”。
読んだことのある人なら一度は紫のバラを見てみたくなるはずです。

珍しいイメージのある紫のバラですが、最近では数多くの品種が栽培されています。
2006年に日本でも「しのぶれど」という品種が発表されています。
上品な紫色で栽培にも人気のある品種となっています。

ちなみに紫のバラの花言葉は「気まぐれな美しさ」です。

パナビア通信