いつものスキンケアにプラス! 美容オイルの肌質別おすすめ活用方法

ボディケア

いつものスキンケアにプラス! 美容オイルの肌質別おすすめ活用方法

近年話題の「美容オイル」。ホホバオイルやアルガンオイル、アーモンドオイルといった植物性のオイルをスキンケアに使うことで、潤いのあふれる健康な肌へと導いてくれるとして注目を集めています。
しかし、化粧水や美容液、保湿クリームなどを使った日々のスキンケアの、果たしてどのポイントで美容オイルを取り入れたら良いのかわからないという方も少なくありません。そこで今回は、美容オイルを使ったスキンケアについて、肌質ごとにおすすめの方法をご紹介します。

美容オイルの基本の活用方法

美容オイルは、植物由来のオイル(油)であり、化粧水をつけたあとに美容オイルで油分のフタをするといった使い方が一般的です。
しかし、スキンケアに美容オイルを取り入れる際は、化粧水をつけるよりも前、スキンケアの始めに使ったほうがより効果的な場合も。
「油分が化粧水を弾いてしまうのでは?」と思われがちですが、実はそんなことはありません。美容オイルには、細胞間に浸透して肌を柔らかくし、化粧水のなじみを良くしてくれる効果があるのです。
肌の乾燥やごわつきが気になる方は、洗顔後、化粧水をつける前に美容オイルをなじませ、化粧水の浸透を促すブースター美容液として活用してみましょう。

それぞれの肌質におすすめの美容オイル活用方法

・乾燥肌
水分と皮脂の両方が不足している乾燥肌の方は、とにかく肌に潤いを補給してあげることが大切です。化粧水に美容オイルを数滴混ぜ、肌への浸透力を高めてあげましょう。
スキンケアの最後に再び美容オイルを肌になじませ、水分の蒸発を防いであげるとより効果的です。

・脂性肌
潤いはあるものの、皮脂が多いために肌がベタついてしまいがちな脂性肌。皮脂の過剰な分泌を防ぐために、美容オイルで油分のベールを作ってあげましょう。
化粧水で水分を補給したら、美容オイルを薄く伸ばします。最後に、美容クリームを肌全体にしっかりと重ねたら完了です。
仕上げに使う美容クリームの油分に合わせ、美容オイルの量を調整するようにしてください。

・インナードライ肌
皮脂の分泌量が多いにも関わらず、肌の内側は水分不足でカラカラな状態のインナードライ肌は、肌の奥深くまで水分を浸透させてあげることが大切です。
まずは、化粧水をつける前に数滴の美容オイルを肌全体になじませて、肌を柔らかくしてあげましょう。普段通りに化粧水を重ねたら、最後に化粧水にオイルを1滴落としたものをなじませ、仕上げに美容クリームで肌全体を覆って完了。
美容オイルのブースター効果で化粧水が浸透しやすくなるのに加え、最後に再び美容オイルを重ねることで、皮脂の過剰な分泌を抑えることに繋がります。

 
いつものスキンケアにプラス! 美容オイルの肌質別おすすめ活用方法

いかがでしたか?
近年話題の美容オイルについて、肌質別のおすすめ活用方法をご紹介いたしました。
美容オイルの種類によって期待できる効果が異なるため、自分の肌質やそのときどきの肌状態に合わせて使い分けると、より美容オイルの効果を実感することができますよ。
ただし、スキンケアに使用する美容オイルには、「顔用オイル」または「全身用オイル」と記されているものを使うようにしてください。

今月のおすすめ

うす化粧乳液[ベージュ]うす化粧乳液 ベージュ | ナチュラル
50ml / ¥4,000(税込価格:¥4,320)

紫外線は強さを増してきています。
少しのお出かけでも油断せずにUVカットを心がけましょう。
「うす化粧乳液」はなめらかなつけ心地の肌色乳液。
肌に負担をかけずに紫外線対策ができます。

今月の紫-むらさき−

紫根(シコン)は植物の細かい分類で言うと、ムラサキ科のムラサキ属のムラサキ種になります。大もとの「ムラサキ科」は、100属、2,000種もの植物からなる巨大な科です。
同じ科にはワスレナグサ属があり、青や紫、白などの花をつける「勿忘草(わすれなぐさ)」はよく知られるところです。
「勿忘草(わすれなぐさ)」は英名「forget-me-not(フォーゲット・ミー・ノット)」をそのまま和訳したもの。
別名「姫紫(ひめむらさき)」「蝦夷紫(えぞむらさき)」など、呼び名がたくさんある花です。

パナビア通信