「生姜湯」で健康美人を目指す! メリットや飲み方とは?

肌トラブル

「生姜湯」で健康美人を目指す! メリットや飲み方とは?

多くの女性が悩まされている冷え性。
「冷えは万病のもと」ともいわれている通り、体が冷えているとさまざまな病気を引き起こし、美容面にまで大きなダメージを与えてしまいます。
いつもキレイな女性でいるためには外見の美しさを磨きながら、健康にまでもしっかりと気を遣うことが大切です。
そのためには体を温めて血行を促したり、基礎代謝をアップさせることが重要になります。
そこで大活躍してくれるのが、体をポカポカと温めてくれるとして有名な「生姜」です。

とくに手軽に作ることのできる「生姜湯」は、女性の冷え対策にとっても効果的。
今回は、生姜湯が健康にもたらしてくれるメリットや、簡単な作り方などをご紹介いたします。

生姜は「熱を入れて」食べよう!

風邪予防や冷え性対策に効果的だとして有名な生姜は、生でも加熱をしても食べることができ、さまざまな料理で大活躍してくれるもの。
お刺身や麺類のトッピングなどでよく見かけますが、実は生姜を生のままで食べると、かえって体を冷やしてしまうという特徴があることをご存知でしょうか。

少し意外な事実ですが、これは生の生姜に含まれる「シンゲロール」という成分に解熱作用や殺菌効果があるため。
シンゲロールは風邪の引きはじめには効果的ですが、健康のための冷え対策としては逆効果になってしまうのです。

しかし、生姜は熱を加えることで「ショウガオール」という成分が増えるという特徴も備えています。
このショウガオールには血流を促し、体の内部で熱を作り上げるという効果があるため、冷え対策にぴったり。
生姜の効果によって健康を保つためには、熱を加えて摂取することがマストなのです。

お手軽簡単! 生姜湯の作り方

生姜の効果によって健康を目指すためには、毎日継続して加熱した生姜を摂取することが大切ですが、毎日生姜入りの料理を作るのは少々面倒ですよね。
そこでおすすめなのが、とっても簡単に作れてしまう「生姜湯」です。

作り方は、1かけの生姜をすりおろし、マグカップに入れ、上からお湯を約200cc注ぐだけ。生姜の辛みや香りが気になるという場合には、はちみつを入れたり黒糖を少しプラスすると飲みやすくなります。

アレンジも◎ 生姜紅茶で朝からポカポカ

寝起きの体をスッキリと目覚めさせ、さらに体を温めてくれる「生姜紅茶」もおすすめのレシピです。
これも作り方はとても簡単で、生姜湯を作るときのお湯を紅茶に変えるだけ。
これなら忙しい朝でも手軽に取り入れることができますね。

時間があるときには、カットレモンやみじん切りの柚子皮を入れると、さらにおいしくいただけます。

お手製乾燥生姜でさらに効果アップ&お手軽に使う

お手製乾燥生姜でさらに効果アップ&お手軽に使う

ショウガオールは過熱することで発生する成分ですが、実は乾燥させた生姜にも多く含まれます。
生姜を薄くスライスし、通気性の良いネットやザルの上に置いて天日干しをするだけで作ることができるので、手間もかからずとっても楽ちん。
乾燥生姜を常備しておけば、生姜湯や生姜紅茶作りもさらにお手軽にすることができます。

体の冷え解消はもちろん、血行促進や風邪予防、生理痛の緩和などさまざまなメリットを持つ生姜湯。朝以外にも、外出から帰ってきたときや食前に飲むのも効果的です。
とはいえ、何事もやりすぎは禁物。1日に何杯も飲んでしまうと、胃を刺激したりお腹が緩くなったりしてしまいます。
基本的には1日1~2杯を目安として、適切な量で健康効果を狙っていきましょう。

今月のおすすめ

ナリシングクリームナリシングクリーム
30g/¥5,715(税込価格:¥6,172)

花粉やほこりで肌が敏感に傾きがちなこの季節。
お肌をしっとりすこやかに保つクリームで
乗り切りましょう。

今月の紫-むらさき−

紫色は“欲求不満の色”などとちゃかされることもありますが、赤と青という正反対の性質の色が混ざった色であるがゆえに、心身のバランスを整えてくる色でもあるということをご存知ですか?
「最近紫色に惹かれる」という時は、心が癒しを求めているのかもしれません。

パナビア通信