無理は禁物! 生理中のダイエットで気を付けるべきこと

ボディケア

無理は禁物! 生理中のダイエットで気を付けるべきこと

せっかくダイエットに励んでいても、生理日になると体重が増加していたり、体がむくんでしまったりしてダイエットが上手くいかないと感じたことはありませんか?
実は、生理中はホルモンバランスの関係もあり、ダイエットが思うように進まないのは良くあること。ここで無理をしたり、よりダイエットに力を入れ過ぎてしまうと、体調不良を起こしてしまうこともあります。生理中にはダイエットとの付き合い方に気をつけて、体のことを1番に考えてあげることが大切です。
そこで今回は、生理中のダイエットで気をつけるべきことをご紹介いたします。

生理サイクルを理解することが大切

ダイエットを成功に導くためには、生理周期を理解することが大切です。
女性の体は、生理が始まってから次の生理が訪れるまでの期間を「月経期」「卵胞期」「排卵期」「黄体期」の4つの段階で分けられています。このサイクルは常に回っており、この期間によって痩せやすさや太りやすさが変化するのです。

生理中は「月経期」にあたり、ダイエットの効果が感じにくくなる時期に入ります。そして、その後の「卵胞期」は1番ダイエットに向いている時期です。
また、「排卵期」は卵胞期のダイエットで得た効果を安定させるのにふさわしい時期。リバウンドなどが起きないようにしっかりと体重キープに励むことが大切です。

そして、最後の「黄体期」は、1番ダイエットの効果が得られないとき。さらにダイエット前のイライラや不調も募ってしまうので、気分的にも不安定になるものです。むくみなども起こりやすいので少し太ってしまうこともありますが、生理サイクルの影響によるものと理解して受け入れることが大切です。

生理後の2週間が勝負!

生理周期により個人差はありますが、生理周期が28日の方の場合、生理後の2週間がダイエットに向いている時期になります。この期間中には、体内のエストロゲンの分泌が増えて代謝が良くなり、プロゲステロンの影響で溜まっていた水分も体外に放出されるため、ダイエットしやすい時期なのです。

しかし、ダイエット中であってもどうしても甘いものが食べたくなることもありますよね。無理に我慢をしようとすると、それがストレスとなってしまうこともあるので、どうしても食べたいときには、この期間ならば食べてもOKです。日々頑張っている自分へのご褒美として、ときには甘やかしてあげることも大切ですよ。

生理前~生理中はダイエットの休息期間

ダイエットの効果が感じにくく、太りやすくなってしまう生理前~生理中の期間は、肩の力を抜いてダイエットと付き合っていくことが大切です。無理な運動や食事制限はせずに、リラックスして過ごすことを1番に考えましょう。
とくに、生理中は血行不良になりやすく便秘が起こりやすいので、鉄分や食物繊維を意識して摂取するのがおすすめです。

また、生理中はなるべく落ち着いて過ごすことが大切ですが、ストレッチやヨガなどのゆっくりとした運動なら取り入れてもOKです。ほどよい運動は血行促進やリラックスなどの効果も期待でき、むくみの解消にもつながります。

無理は禁物! 生理中のダイエットで気を付けるべきこと

理想体型を目指してダイエットに励んでいると、どうしても食事制限や運動に夢中になってしまうこともありますが、生理中の注意点は守って健康的にダイエットを行うことが大切です。心身のバランスと向き合いながら、ダイエットを成功させましょう。

今月のおすすめ

ホワイトパック ホワイトパック
110g/¥5,050(税込価格:¥5,454)

寒さと乾燥で気になる肌のゴワつき。
洗い流しパックでくすみのないやわらか肌に仕上げましょう。

今月の紫-むらさき−

2月の誕生石は「アメシスト」。和名で「紫水晶」とも言うように、水晶にワインをかけたような美しい紫色が特徴です。
アメシストは深い愛。誠実、調和の石とされていて、
キリスト教では神聖さを表す「司教の石」として使われています。

パナビア通信