マスクによる肌荒れ防止! 正しいマスクの使い方

肌トラブル

マスクによる肌荒れ防止! 正しいマスクの使い方

冬になると風邪や感染症、あるいは喉の乾燥の予防としてマスクを使用する方が多くなります。しかし、マスクの使い方によっては、肌荒れを起こしてしまうことがあるのをご存知でしょうか。冬場のマストアイテムともいえるマスクが原因で肌荒れが起こるとなると、女性にとっては大きな問題となってしまいますよね。
そこで今回は、マスクによる肌荒れを防ぐ正しいマスクの使い方をご紹介いたします。

マスクによる肌荒れとは?

・マスクの摩擦による乾燥、ニキビなど
マスクをつけていると、どうしても肌とマスクがこすれてしまうことがありますが、実はこれが肌荒れの原因となることがあります。もともと乾燥しやすい冬の肌はとてもデリケート。そこにマスクによる摩擦が加わることで、それが刺激となってさらに肌が乾燥してしまうのです。マスクによる摩擦が起こりやすい口周りや鼻などはとくに注意が必要で、吹き出物やニキビができやすくなることがあります。
また、摩擦によって肌が厚くなったり、くすみが生じてしまうこともあります。

・蒸れによって雑菌が繁殖
息によってマスクの中が蒸れることも肌荒れを招く原因の1つです。マスクの中の湿度が高くなると、雑菌が繁殖しやすくなります。雑菌が繁殖することで、もともと発生していたニキビがより悪化してしまうことがあります。

ジャストサイズのマスクを使用して摩擦を軽減しよう

自分の顔のサイズにピッタリと合ったマスクを着用することで、ズレが起きにくくなり摩擦を軽減することができます。
マスクの大きさが合っているか、耳にかけるヒモの長さが合っているかなどをしっかりと確認しましょう。また、立体型のマスクを使用し、自分の顔にフィットさせることも1つの方法です。
どうしても自分に合うサイズのマスクが見つからない場合、少し大きめのマスクを使用し、肌とマスクの間にガーゼを挟むと顔にフィットしやすいです。

マスクはこまめに取り換える

1日中同じマスクを使用すると雑菌が多く繁殖してしまうので、衛生的に考えると1日2回以上はマスクを新しいものに交換することが良いとされています。
使い捨てタイプのマスクを何度も購入するのはエコや金銭的にも望ましくありませんが、ガーゼタイプのマスクを使用すれば、洗濯ができるため再利用することができます。

マスクは長時間使用しない

朝の外出前にマスクを装着し、夜家に帰ってくるまでの間ずっとマスクを着けっぱなしにしている日はありませんか? 先述したとおり、マスクの中は蒸れやすく肌荒れの原因となります。長時間ずっと着けていることは避けて、ときおりマスクの中を換気してあげることが大切です。

口周りの乾燥対策をしておく

直接ガーゼが触れる口周りは、どうしても摩擦が生じやすい部分です。
そのため、マスクを着けているシーズンは、普段のスキンケアで口周りを重点的に行いましょう。保湿クリームやオイルを使用して、乾燥やくすみなどをしっかりと防いでいくことが重要なポイントになります。

マスクによる肌荒れ防止! 正しいマスクの使い方

「マスクで保湿」は風邪対策には効果がありますが、過剰に美肌効果まで期待すると思わぬトラブルも。マスクの正しいつけ方をマスターして、肌荒れを防いでいきましょう。

今月のおすすめ

ホワイトパック ホワイトパック
110g/¥5,050(税込価格:¥5,454)

寒さと乾燥で気になる肌のゴワつき。
洗い流しパックでくすみのないやわらか肌に仕上げましょう。

今月の紫-むらさき−

2月の誕生石は「アメシスト」。和名で「紫水晶」とも言うように、水晶にワインをかけたような美しい紫色が特徴です。
アメシストは深い愛。誠実、調和の石とされていて、
キリスト教では神聖さを表す「司教の石」として使われています。

パナビア通信