乾燥が原因? 冬はニキビができやすいって本当?

肌トラブル

乾燥が原因? 冬はニキビができやすいって本当?

皮脂の分泌量が増える夏に悪化しやすいと思われがちなニキビですが、実は冬に増えることも珍しくありません。
特に大人ニキビの場合は、主な原因が皮脂である思春期ニキビとは全く異なった原因で発生するため、冬にこそしっかりとニキビケアを行う必要があります。
一体なぜニキビが冬に増えてしまうのでしょうか? その原因と対策をご紹介します。

夏・冬で違うニキビの原因

夏の間は、皮脂の分泌量が増え、汗で肌が汚れてしまうことがニキビを増やす主な原因です。
しかし、「夏はニキビができやすい」というイメージから、ニキビ予防・ケアに気をつけることもあり、ニキビを悪化させずに過ごせるという人も多いでしょう。
一方、「ニキビができやすい」というイメージがあまりない冬は、ケアを怠り、うっかりニキビができてしまうという方も少なくありません。
しかし冬は、以下のような原因でニキビできやすくなっているのです。

・乾燥がニキビを招く!
冬は空気が乾燥することで、肌も乾燥しがちです。
乾燥した肌は、水分を逃さないために過剰に皮脂を分泌してしまいます。
水分と皮脂のバランスが崩れることで肌のバリア機能も低下し、ニキビができやすい肌状態になってしまうのです。

・冷えも原因のひとつ
体が冷えると血行が悪くなり、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。
また、冷えによって自律神経が乱れれば、ホルモンバランスにも悪影響を与えることに。
ホルモンバランスの乱れによってニキビができてしまっても、ターンオーバーが乱れた肌では治りが悪くなってしまいます。

冬のニキビを悪化させないためには?

冬のニキビを悪化させないためには?

ニキビができにくい肌作りに努めたい、できてしまったニキビをなるべく早く治したいという方のために、冬のニキビ対策を紹介します。

■とにかく徹底した保湿を!
ニキビケアには、さっぱりとした使用感のスキンケア化粧品を使うと思われがちです。
しかし、冬のニキビ対策で大切なのは、まずは保湿を徹底すること。
ニキビ用のスキンケア製品を使うのではなく、乾燥を予防する保湿力の高いスキンケア製品を選びましょう。

■血流を良くしてターンオーバーを促す!
ニキビの治りを良くして痕を残さないようにするためには、肌のターンオーバーを正常なサイクルにしてあげることも大切です。
肌のターンオーバーを整えるためには、血行を促進することが欠かせません。
リンパマッサージで身体に溜まった老廃物を流し出し、血流を良くしてあげましょう。

血流を良くするためには、湯船につかることを日課にする、冷たいものは避ける、根菜などの体を温める食材を食べるといった方法も効果的です。
また、適度に汗をかいてあげることもニキビの改善に役立ちます。
寒くても定期的に運動し、汗を流すように努めましょう。
丁寧な保湿と血流改善で、冬でもニキビのない美しい肌を目指してくださいね。

今月のおすすめ

ダブルクレンジング EXダブルクレンジング EX
120g/¥5,240(税込価格:¥5,659)

くすみ、ゴワゴワが気になる肌は乾燥しているのかも。
肌をいたわりつつ、メイク汚れをしっかり落とすダブルクレンジングEXで
まずはしっかりクレンジング。
今年も美肌づくり、がんばりましょう。

今月の紫-むらさき−

紫色が鮮やかな「紫キャベツ」はビタミンCやビタミンK、アントシアニンなど、
栄養素が豊富に含まれていることで知られています。
ビタミンCは緑のキャベツの1.5倍も含まれているそうです。
独特の紫色は水溶性のため、煮ると色素が溶け出してしまい見た目が損なわれます。
生のままでサラダや酢漬けにして食べるのがおすすめです。

パナビア通信