年末年始は“NO!暴飲暴食”で肌荒れを防ごう

肌トラブル

年末年始は“NO!暴飲暴食”で肌荒れを防ごう

年末年始は忘年会や新年会、親戚一同の集まりなど、美味しいお酒や料理を食べる機会も増えるでしょう。「正月太り」を気にされている女性も多いですが、じつは「肌荒れ」も年末年始に悪化することがあります。
なぜ、年末年始は肌荒れをする女性が多いのでしょうか?
今回は暴飲暴食が肌荒れを引き起こす原因と予防法をお伝えします。

暴飲暴食が肌荒れを引き起こす原因

暴飲暴食は、胃やすい臓の働きを弱め消化不良を引き起こし、便秘になり体内に毒素を残し溜め込んでしまいます。そのため、残ってしまった毒素が毛穴を通して体外に出ようとするので、毛穴が詰まりニキビができやすくなります。
また食べ過ぎることで脂質を過剰摂取してしまい、その結果オイリー肌となり、ニキビが出来やすい状態になってしまうことも……。
このように暴飲暴食により内臓の機能が低下する、さらに脂質を取りすぎることで脂性肌となり、ニキビがたくさんできてしまう可能性があるのです。

「原因」に寄り添って肌荒れ改善!

ではどうすれば肌荒れを防ぐことができるのか、予防策をお伝えします。

・よく噛みながらゆっくり食べるようにする
暴飲暴食が美容や健康に悪いとは分かっていても、たまには付き合いでたくさん食べたり、飲んだりしなければいけない時もありますよね。そのような時は、咀嚼の回数を増やしてゆっくりと食事をしましょう。
咀嚼された食べ物は細かくなっているので、消化されやすく体の負担になりにくいのです。
またゆっくり食べることで満腹感を感じやすくなり、食べる量を抑えることもできます。
たくさん食べる時だけでなくても、普段からの習慣として取り入れることで、ニキビが出来にくい体質になります。

・バランス良く食べるようにする
飲み会の席や年末年始の食事は、ついつい油ものや炭水化物など高カロリーなものに手が伸びてしまいがち。
極力野菜や体を温めるスープ、焼き魚などの栄養素の多いものも合せて摂取するようにしましょう。
また、夜に飲み会や集まりがある時は朝、昼をヘルシーで消化の良いものにするのもオススメです。

・水をたくさん飲む
年末年始は、お酒を飲む機会も増えて体内の水分が汚れてしまいがち。
水をたくさん飲むと、便秘が解消されやすくなる、汗がたくさん出るようになるなど、デトックス効果で体内の毒素を排出することができます。
血行不良や皮脂の過剰分泌で肌荒れに繋がる前に、体内循環をしっかり整えておきましょう。
またこまめに水を飲むことで、満腹感が得られ、食べ物を口にする回数や量が減るのでダイエットにも繋がります。

暴飲暴食は体重増加だけではなく肌荒れまで引き起こすため、美容、健康の大敵です。
肌トラブルで年明け早々辛い思いをしないためにも、しっかりと対策を行ってくださいね!

今月のおすすめ

P-II モイスチュアエッセンスP-II モイスチュアエッセンス
30ml/¥10,000(税込価格:¥10,800)

何かと忙しい年末。お疲れ肌に見せないために、保湿だけはしっかりとしたいもの。
コラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分が肌の奥まで浸透し、やわらかくみずみずしい肌に導きます。
ハリと弾力もアップ!

新しい年をすこやかな肌でお迎えください。

今月の紫-むらさき−

英語で「紫色」といえば“purple(パープル)”
purpleには他にも「王位、王権」の意味があるのをご存知ですか?
古代ローマ帝国の時代、貝紫という貝から取り出す紫の染料は大変貴重でした。
それゆえ紫色に染めることができるのは皇帝の衣服だけだったそうです。
日本と同じように、西洋でも紫色は位の高い人のための色だったのですね。

ちなみに“born in the purple”は「高貴な家に生まれた」という意味になります。
英語の勉強でした!

パナビア通信